■操作パネルのスイッチ(ボタン)不良■

エコサーモ1000をはじめとする操作パネルは、基本的にペレットタンクの上部に設置されています。数年経過するとスイッチ(ボタン)を押しても反応が鈍くなることがあります。これはボタン式のペレットストーブの操作パネルによくある不具合ですが、これは日本の様に湿度が高い地域によく見られます。原因は、ズバリ!ボタンの接点部の腐食(酸化)による接触不良が原因です。ボタンを押しても反応しない、鈍いと感じたら接触不良を疑って下さい。

こちらも接点復活剤で改善できますのでお試し下さい。

■反応が鈍いスイッチ(ボタン)の改善方法

ここではエコサーモ1000を例にご説明いたします。

まず、操作パネルから基盤を外します。4か所のナットを外すと基盤を取り出せます。

「操作パネルの交換」ページを参照下さい。


基盤を抜き取ったら正面にします。左の写真が正面です長方形の部品がボタンになります。実際のボタン部品はこの様にとても小さいのです。


反応の悪いボタンの隙間に接点復活剤を塗布して数秒後にボタンを何度か押して、接点復活剤をボタン内部へ浸透させて下さい。


以上で操作パネルのボタンの反応は大幅に改善される筈です。改善が見られない場合は基盤の不良が考えられますのでテルモロッシ販売店(エコサーモフレンズ)または輸入元「ユーロストーブ」へご相談下さい。