■ペレットボイラー修理■

<ウッドマスターAFS900のメンテナンス>

ウッドマスターAFS900 赤目の森
ウッドマスターAFS900 赤目の森

2010年に三重県名張市の「エコリゾート赤目の森」へ設置したペレットボイラー「ウッドマスターAFS900」の燃料送りの調子が悪いと随分前から言われておりなかなか改善しないので4月17日社長と二人出張メンテンテナンスとなりました。


4月14日開通の第二東名分岐
4月14日開通の第二東名分岐
第二東名へ
第二東名へ

まずは新しく開通した第二東名を初めて走行。平日のせいか他の車も少なくまた道幅は広いため第一東名に比べると自然と平均速度+20Kmでの走行です。


インテークオーガ
インテークオーガ
ファイナルオーガ内
ファイナルオーガ内

オーガ内に濡れて膨潤したペレットや炭化したペレットが詰まってないか確認の為、オーガを分解クリーニングした。特に問題になる様な詰まりは見受けられなかった。オーガ内に原因がないとなると考えられる原因はオーガモータのトルク不足、炭化が進んだ硬いペレットの噛み込み、オーガとペレットタンクの取付位置合わせのずれによりオーガへの偏芯負荷が考えられる。そこで次の事を実施した。

■負荷の小さいファイナルオーガモーターとインテークオーガモーターと交換

■オーガとペレットタンクの設置位置を調整して再組

■インテークオーガのドライブチェーンのテンションを最適になる様微調整

■炭化の進んだ硬いペレットは出来るだけ除外した

着火
着火

深夜の帰宅(AM2:00)となったが現在のところ順調に運転している模様。