■エコサーモ1000EASYの設置

■宮ヶ瀬ダムの近くに設置

宮ヶ瀬ダムの近くのS様邸にテルモロッシのエコサーモ1000EASYを設置してきました。環境の大変良いところで家も白壁でしたので大事な壁を汚さない様にサイクロンHEXの排気システムで施工させて頂きました。通常の煙突よりは高めのお値段ですが壁が汚れないので安心して使って頂けます。

新築なので予め壁穴加工済みです。穴径は約Φ160。


アルミ付き断熱材を入れてSAVE(サーベ)のΦ120の管を通します。


室内はこんな感じ。


屋外部にもパイプガイドを取り付けます。


万が一の雨水の侵入に備えて下り勾配を付けます。


今回は部屋の角に45度設置するので位置決めです。下敷きに使用しているのは厚さ30㎜の御影石です。御影石の下には滑り止めのメッシュラバーを敷いています。


ストーブの位置決めが出来たら屋外のコーキング準備。


Φ80の排気管を設置長さに合わせてカットします。

カット出来たらサイクロンHEXのボックスと繋ぎます。


床面との高さ調整は軽石ブロックを使いました。

微調整はアジャスターで調整。


煙突を建てて最後に傾きを調整します。


こんな感じで設置。


着火テストは問題なし。設置完了です。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    軽井の沢木こり (火曜日, 20 11月 2012 02:26)

    こんにちは、ペレットストーブの購入を考えている者です。設置の手順を色々調べていてこちらにたどり着きました。雨が侵入しないように、壁の貫通部分の排気管には勾配をつけるんですね。大変勉強になりました。設置の手順など、かなり詳しいご説明はとても参考になります。またお邪魔させていただきます。
    P.S.イタリア製のストーブはさすがデザインがいいですね。候補に入れさせていただきます。

  • #2

    ユーロストーブ (火曜日, 20 11月 2012 09:44)

    沢木こり様
    コメント頂きありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。お知りになりたい事がございましたらご遠慮なくおっしゃって下さい。可能な限り情報は公開して行きたいとと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    いろんなサイトをご覧頂きテルモロッシを選択頂ける事を心よりお祈りいたしております。