2013年

10月

29日

■エコサーモ1000のトラブル解消■

■九州で設置後2シーズン目のエコサーモ1000EASYのトラブル

九州のH様からエコサーモ1000EASYのトラブルの相談がございました。1シーズン終了ごろから「ALOP」のアラームが頻繁に発生するようになったそうです。

マザーボードや圧力センサーを交換しても同じ症状・・・!

シーズンを前に輸入元の弊社に相談のお電話を頂き対応させて頂きました。神奈川から九州まではさすがに出張出来ないのでH様に機器の確認をお願いいたしました。

すでにH様はあきらめムードでストーブの入れ替えを検討されており、何とかご迷惑をお掛けしない様、細かくH様の症状を聞きながら、電話にて対応をお願いいたしました。

幸い、ユーロストーブのホームページ内にも情報を載せていましたので、ページをご覧頂きながらのご指示となりました。

自分でもこのような情報を掲載しており良かったなと思いながらも、あとはH様の対応がうまく行くのを願うばかりでした。

それから2週間後ぐらいの本日、H様よりうれしいお電話がございました。

「100%解決しました・・・!!」と・・・・

これには私はうれしいと言うよりホット・・しました。」

お話を聞く限りですと排気圧センサーのコネクターの接触不良の様です。

湿気が多い日本ではコナクターの金属部が酸化被膜を作りやすく、まれに接触不良の

ケースがございます。

解決策はホームページでも紹介していますが「接点復活スプレー」です。

紹介しておいて本当に良かった・・。

ご迷惑、お手数をお掛けしたにも関わらず、H様には感謝の言葉を頂きました。

H様この度はありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

接点復活スプレー
接点復活スプレー