2014年

10月

24日

■ペレットストーブ苦労ばなし■

■施工場所は必ず確認

3週間ほど前、鎌倉にお住いのヨーロッパ出身の若いご夫婦がテルモロッシのエコサーモを見たいと訪ねて来られました。あいにくの小雨模様で生後3か月の赤ちゃんも一緒でした。

さすがヨーロッパの方?

一通りのご説明をしてエコサーモ3001EASYで決まりのよう。

鎌倉で施工実績が多いラビットストーブさんをご紹介いたしました。

 

昨日、施工終了の報告と苦労ばなしが・・・

さすが鎌倉!  家は60段以上の階段を上った丘の上だったそうです。

下見をせずお客様からの写真を拝見して施工手順のみを確認したそうで大失敗と申しておりました。

ご主人が手伝って頂いたそうですが100kg以上のストーブを抱えて60段の階段は大変です。

現地下見は絶対に必要ですね。

苦労の末に、設置されたET3001EASYです。



0 コメント

2014年

10月

08日

■エコサーモ8000メンテナンス

■ストーブが動かない

2003年11月にN大学へ設置したエコサーモ8000が動かないとの事で不具合調査を兼ねてメンテナンス依頼がありました。その様子を報告します。

現状としては約1年半ほど運転をしておらず、ストーブの管理も研究生が行っていたとのこと。

研究生も卒業していくので担当教授も現状を把握していない状況でした。


まずは天板、サイドパネルを外して排気ファンなどストーブ内がのぞけるようにしてスタートして排気ファンやヒーターなどをチェックする。

その結果

■排気ファンがほとん回転ぜず何かを巻き込んでるいるような音がする。

■ペレットが落ちてこない。

■着火ヒーターは加熱するので問題なし。


上記状態より推定出来る原因は下記の通り。

排気ファンが回らず、音がすることより異物が排気ファン内にあり吸排気が出来ず負圧(排気圧)センサーがエラーを感知してペレット供給をストップさせていると思われる。


まずは排気管を外して排気ファン内を確認する。

排気管を外して排気ファン内部を覗き込む。

一見何もないように思えたが、手で回してみると下から異物が上がって来ました。


続きを読む 0 コメント