2014年

5月

02日

■菌床ペレットの燃焼テスト

■エコサーモ3001で菌床ペレットの燃焼テストを実施しました。

北海道の石狩市では不要となった菌床をペレットストーブの燃料(ペレット)にして地域エネルギーをペストミックスすることで経済価値を生み出し、その成果を地域へ還元していく「低炭素スマートエネルギー社会の実現」と「維持可能な地域経済の循環」を両輪とした環境都市の実現に向け産学官一体で取り組んでおります。

テルモロッシのペレットストーブもその手助けが出来ないかと思い菌床ペレットをエコサーモ3001にて燃焼テストを行いました。

問題がなければ是非公共施設への導入に参加したいと考えております。

比較対象としては全木ペレットとしてAランクになっている上伊那森林組合の

「ピュア1号」と比較しての考察となります。

<ペレットストーブの準備>

エコサーモ3001ALADINOでテスト
エコサーモ3001ALADINOでテスト

テストは北海道でも十分な暖房能力を持つエコサーモ3001ALADINOにてテストをします。


続きを読む 0 コメント