2011年

10月

28日

やっぱり!

「AL OP」はマザーボード

寒川のS様のエコサーモ1000の不調の原因はマザーボードでした。運転モードに入ると排気ファンへの信号が正しく送られず回転数が極端に落ちてしまう。おそらくマイクロチップが熱にやられたのだと思う。そもそもの原因はストーブの消化の際、クールダウンせずにいきなりメインスイッチを切るという誤った操作が原因です。お年寄りなので仕方ないと思いつつ危険な行為なのでS様にはもう一度ひつこいくらいに正しい操作方法をご指導させて頂いた次第です。申し訳ないが修理代は部品代だけ頂かせてもらうことにしました。代理店の皆さま私のような失敗をしない様、ペレットストーブ正しい使い方はしつこいぐらいにご説明をお願いいたします。

0 コメント

2011年

10月

27日

再び呼び出し

会社へ戻ったら再び呼び出し

排気管のメンテナンスを終えて着火テストも問題なく終了したので会社へ戻ると、再び電話があり「燃焼が続かない」とのことで再びS様のお宅へ。

またしても「AL OP」のエラーメッセージ。ストーブのサイドパネルを外して再び着火させじ~っと観察。

着火モード時点では問題なし。通常運転モードに切り替わったとたん「AL OP」のエラーメッセージ。

排気ファンを見ていたら通常運転モードに切り替わったとたん「ガクッと回転数が落ちた」。原因は排気ファンでした。日頃の使い方を聞くと消火の際は背面のメインスイッチを切っているらしい。

あれだけ教えたのに・・・・?メインスイッチを切ってしまうと安全や冷却のファンが全て止まってしまう。従ってお掃除不足と消火時の熱によりマザーボードか排気ファンのどちらかが異常をきたしている模様。本日は部品を用意していないので明日仕切りなおしだ。

 

0 コメント

2011年

10月

27日

メンテナンス

火が消えちゃう。

2009年12月に設置したテルモロッシ・エコサーモ1000のお客様からペレットストーブの調子が悪いとの電話がありました。どうやら 「OP」のエラーメッセージが出ている模様。早速お宅へ伺い排気管をチェック。弊社オリジナルの「サイクロンHEX」といえども横引き部分は丸2年間排気管のお掃除をしていないらしい。お年寄りなのでこちらが気を使うべきであったと反省しています。

テルモロッシの場合、私のテストでは排気口が約50%塞がれると圧力センサーが反応する。今回のお客様の場合2年で約1.8トンのペレットをお使いになっておられる。ペレットはピュア1号です。

サイクロンHEXでも500kgの燃焼後には排気管の横引き部分はメンテナンスするのが理想です。

最低シーズン後1回というのはペレットストーブを保護するためにも絶対条件!!と肝に銘じた日でありました。

0 コメント

2011年

10月

24日

エコサーモ1000設置

寒川町のK様のお宅へ

K様の奥様はネットでいろんなペレットストーブをご検討されて最終的にエコサーモにお決め頂きました。本当にありがとうございます。お部屋も色々リホーム中でしたがなんとか2時間ほどで完了いたしました。蓄熱タイプの床暖房も設置されたようで窓もペアガラスになっていました。今年の冬は窓を開けないとのぼせるくらい暖かいお部屋になると思います。また煙突は弊社最新オリジナルの「サイクロンHEX」でクリーンな排気を実現しました。

0 コメント

2011年

10月

22日

お客様

葉山のSさんがエコサーモを見たいとのことで見学に来て頂きました。いろんなペレットストーブをご覧になってエコサーモをお選び頂くことを願っております。

遠路はるばるありがとうございました。

0 コメント