■勝手に着火する・勝手に火力が変わるなど■

エコサーモ1000をはじめとする操作パネルは、基本的にペレットタンクの上部に設置されています。数年経過するとスイッチ(ボタン)を押しても反応が鈍くなることがあります。これはボタン式のペレットストーブの操作パネルによくある不具合ですが、これは日本の様に湿度が高い地域によく見られます。原因は、ズバリ!ボタンの接点部の腐食(酸化)による接触不良が原因です。ボタンを押しても反応しない、鈍いと感じたら接触不良を疑って下さい。

逆にストーブが勝手に着火するような場合、ボタンのバネが劣化して常に接触しているような状態です。この様な場合は操作パネルの交換が必要です。