■エコサーモのALADINOリモコンのトラブル■

テルモロッシのペレットストーブには室温を設定すれば自動で火力・風量調整をしてくれるALADINOリモコンがあります。こちらのトラブルについてご説明いたします。

■充電してもすぐにバッテリー切れとなってしまう

■ストーブのそばにリモコンがないと反応しない

■リモコンの表示がおかしい

エコサーモのALADINOリモコンには充電池が内蔵されています。この充電池は携帯電話のバッテリーと同様に繰り返し充電や継ぎ足し充電などによりだんだん充電可能容量が少なくなります。(平均で2年から3年で交換が必要になります。)この様な状態で使用を続けると電波がストーブに届かずリモコンの表示通りの運転が出来なくなったり、リモコンの液晶表示が正しく表示されなくなったりします。この様な場合はリコモンに内蔵されているバッテリーを交換して下さい。

これまではバッテリー全体を新しいものに交換する必要がありましたが、最新のモデルは市販の充電池をご購入頂き、交換するだけでOKです。旧タイプのバッテリーパックをお使いのお客様はバッテリー交換が必要な場合には新しいタイプのバッテリーケースに交換される事をお勧めいたします。

<バッテリーを長持ちさせる秘訣は次の通りです。>

バッテリーは容量がほとんど少なくなったら充電して下さい。常に充電している状態でご使用はバッテリーの寿命を短くしますのでおやめ下さい。

<ご注意>

上記を疑う前に基本的な操作方法を忘れている方がいらっしゃいますので、もう一度下記を確認して下さい。

■充電はバッテリースイッチを「ON」にする!

充電をする際は必ずバッテリースイッチを「ON」にして充電して下さい。「ON」にしない場合、リモコンの表示は充電中の表示がされますが、バッテリーには充電されていません。

■チャンネルスイッチは触らないで!

バッテリーの近くの基盤にはバッテリースイッチに似たスイッチが2個並んでいます。これはリモコンの周波数を変えるスイッチです。(周波数切り替えチャンネル)

間違ってこのスイッチを「ON」にするお客様がいらっしゃいます。このスイッチは販売代理店以外の方は触らないで下さい。

(ストーブ本体側の受信機と周波数を合わせております。)

■電波が届かない時のディスプレイ

ALADINOリモコンの電波が届かない(操作出来ない)場合のディスプレイ表示は下記のような表示が繰り返されます。主な原因は次の事が考えられます。

■ストーブ本体のメインスイッチが入っていない。

■バッテリーの容量が少なくなった。

■バッテリーの寿命(充電可能容量の低下)

 

■新しいバッテリーケースの交換の説明

ALADINOリモコン
ALADINOリモコン

こちらは旧タイプのバッテリーです。緑のパッケージで覆われています。こちらは新しいバッテリーケースへ交換します。


上蓋ケースを外す
上蓋ケースを外す

ALADINOリモコンの上蓋ケースを下のケースは3か所のネジで止まっています。(1か所は電池蓋を外すとあります。

これを外してケースを取ると左写真のように基盤が確認できます。


基盤からソケットを抜く
基盤からソケットを抜く

基盤からバッテリーのソケットを抜いて古いバッテリーを取り除いて下さい。


新しいバッテリーケース
新しいバッテリーケース

左は新しいバッテリーケースです。(電池蓋付き)

 

定価:2,500円(税抜)

※充電池は付属しておりませんので市販の充電池3本(単4x3本)をご購入下さい。

アルカリ電池等充電の出来ない乾電池は使用出来ません。


交換
交換

市販の充電池を取り付けて基盤へソケットを差し込んで下さい。


完了
完了

ケースの上蓋、下蓋を閉じて3本のネジで固定して下さい。

電池蓋は電池ケースと一緒に同封された新しい蓋に交換して下さい。


ご注意:初期のALADINOリモコンにはバッテリーのON/OFFスイッチをついていません。充電の際は必ずバッテリースイッチをONにして充電して下さい。OFFのままでは充電されません。またシーズンオフなど長期間使用しない場合はバッテリースイッチをOFFにして保管して下さい。

YouTubeにも交換要領の動画がアップされています。参考にどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=Q-Vtpz4HtAs